個人再生費用の相場は?後払いは可能?

個人再生とは、住宅ローン以外の借金の全てを大幅に減額して返済することを裁判所に認めてもらう手続きです。一定の収入があり、減額してもらえれば返済できる人、マイホームを手放さずに借金を整理したい人がとるのによい手段です。
個人再生の手続きでは、裁判所によって個人再生委員を選任するケースがあります。中立的な立場で申し立てた人と面談して、収入や財産の状況を調査したり、再生計画案の助言を行うのがその役割です。再生委員が選任されるかどうかは地方裁判所によって基準があり、弁護士や司法書士などの代理人をつけない場合に選任されるケース、代理人が司法書士の場合に選任されるケース、必ず選任されるケースなどさまざまです。個人再生委員への報酬は、申立人が支払うことになっており、その費用の相場は15万円から30万円と幅広くなっています。
次に、弁護士や司法書士に依頼した場合の費用の相場です。弁護士に依頼すると30万円から50万円、司法書士に依頼すると20万円から30万円程度が相場になります。住宅ローン特例がある場合には5万から10万円加算されることが多く、他都道府県に申し立てする場合に10万円程度加算されるケースもあります。
このように、個人再生を行うには多額の費用が必要になりますが、ほとんどの事務所では分割払いに応じています。それでも費用の捻出が難しい場合には、法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、条件に合えば費用を立て替えてもらえ、月々の返済額も5000円から1万円と負担も抑えられます。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法